日本全国の特産品と名産品。その他にも郷土料理や銘菓など。 管理人がちょっとイイネって思ったものを紹介するサイトです。

特産名産ものがたり

長崎県

トルコライス ~長崎ご当地グルメ。由来は?キッチンすずたとうげで食べてきた!

投稿日:

長崎の名物で誰もが思い浮かべるのは、ちゃんぽん、皿うどん、カステラでしょう。

これらはあまりにも有名ですので特産物に疎い人でも「長崎」の看板を背負った代表グルメだと認識しています。

一方、長崎名物なのに外国の名前が付いている謎のご当地グルメがあります。

それが「トルコライス」です。

今回は、トルコライスについてご紹介させていただきます。

 

スポンサードリンク

トルコライスとは

トルコライスとは、色々なおかずやピラフ、スパゲティ、サラダなどを1つのお皿に盛り合わせ、上からデミグラスソースをかけたボリュームたっぷりの長崎グルメです。

 

地元民にも観光客にも絶大な人気の「トルコライス」

そのバリエーションは多種多様で、おかずはトンカツだったりシーフードだったり、ピラフではなくドライカレーやドリアだったり、ソースはカレーソース、ホワイトソースなど。

 

ワンプレートに盛り合わせているところから「お子様ランチ」を連想させますが、そのボリュームと本格的な味わい、レトロな遊び心は大人のグルメそのものです。

 

スポンサードリンク

トルコライスの発祥や名前の由来

トルコライス

しかしなぜ長崎なのにトルコなのか?

長崎名物なのに外国の名前が付いていることから謎なのですが、そこは100歩譲って貿易が盛んだった長崎であること、少々ハイカラな?名前が付いていたとしても不思議ではありません。

ですが、ポークカツがメインのおかずであることが多いトルコライスが、豚肉を食さないイスラム圏のトルコの名前が付いているのはなぜなのでしょう。

トルコライスの発祥や名前の由来については多くの説があり、少し調べただけでも10通り以上もの説が浮上してきました。

 

まず、ただ単にピラフの語源であるトルコの米料理「ピラウ」に、付け合せのおかずやサラダを一緒に盛り合わせ「トルコライス」と呼ぶようになっただけという説もあります。

 

またある説では、様々な国の料理を1つのプレートにまとめていることから、ヨーロッパとアジアの境目に位置し、両方の文化の影響を受けてきたトルコに通づるものがあるから「トルコライス」と名付けられたという、長崎ならではのロマンを感じさせるものもあります。

 

かと思えば、当時トルコ風呂と呼ばれる特殊浴場が流行していた頃、精力をつけるためのボリューム満点のメニューをレストランの経営者が考え、トルコライスと命名したという俗説もあります。

 

他にも、当時トルコについて、あまり知られていなかったとして「よくわからない料理」という意味でトルコライスと呼ばれるようになったという説もあります。

 

あとは、スパゲティナポリタンの赤、ピラフの白などカラフルであったことから「三色旗」を意味するトリコロールという言葉が転じてトルコとなったという説もあります。

 

「ちゃんぽん」も、色々な具材が一緒に入っているので、食材の融合という意味ではトルコライスと共通するところがある気がしますね。

あげていけばキリがないほど多くの説があるのは、それほど話題性があり、多くの人に愛されている証拠かもしれません。

 

スポンサードリンク

長崎だけではない?

人気のあるものほど「我こそが元祖」という人がわらわらと現れますが、トルコライスもその1つでしょう。

大阪や神戸などでもまさに「ここが発祥の地」と謳っているトルコライスを提供しているお店があります。

関西だけではなく、関東にも独自のトルコライスを提供しているレストランがあります。

多くの人が望んでいる時に、各地で自然発生したメニューだったも考えられますね。

 

鋭いアンテナを持った経営者や料理人が、お客が喜んで食べる姿を見たい一心で世に出した生命力あふれる一品、それがトルコライスなのでしょう。

昨今では「我が家のトルコライス」として一般家庭のメニューにも登場するトルコライス、子供はもちろん大人も喜ぶ、おまけに「1プレートなので洗い物もラク」と作る人にも人気です。

 

スポンサードリンク

人気店で食べてきた感想!

というわけで、長崎に出かける用事があったので、本場長崎でトルコライスを味わってきました!

今回、伺ったお店は大村市にある「キッチンすずたとうげ」です。

ネットの口コミではかなりの高評価のお店です!

 

注文したのは、もちろんトルコライス(900円)!見た瞬間からワクワクが止まりません!

トルコライス

 

トルコライス

ピラフにはカレールーがかかっていました。

トルコライス

 

お味の方は・・・予想通りやっぱり美味しい!

カツ、ピラフ、ナポリタンそれぞれ完成度が非常に高く、一緒に食べれることですごく嬉し楽しくなってきます!

味が濃い3種ですがケンカする感じもなく、むしろ良く調和しています。

一見おまけ的にもみえるナポリタンまでしっかり美味しいです。

それぞれの分量も丁度良くって、飽きることなくあっという間に間食!

ボリュームもあって、食べ終わったときの満足感がすごかったのを覚えています。

 

トクさん
3種の組み合わせはお店によっていろいろ!多いところだと100種類以上ものメニューを取り揃えているところもあるんだって!
ちなみに、2010年に9月16日をトルコライスの日に制定したんだけど、2013年には廃止になっちゃったんだって。廃止の理由は、トルコの在日大使館に「イスラム圏のトルコでは豚肉は食べない」「9月16日はエルトゥールル号遭難事件の犠牲者を悼む聖なる日」と指摘を受けたかららしいよ~
メイさん

 

スポンサードリンク

最後に

1人1人のニーズに合わせて無限大に広がるバリエーション、変幻自在の組み合わせが可能な楽しい名物料理「トルコライス」。

今や家庭料理としても愛されるトルコライスですが、やはり一度はこだわり抜いた本場の味を楽しみたいものです。

長崎には1度食べたら忘れられない絶品のトルコライスを提供する名店が沢山あります。

美しい夜景やグラバー邸など色とりどりの観光名所の多い長崎ですが、カラフルで賑やかな1プレート料理のトルコライスの名店めぐりをするのも忘れられない素敵な思い出になることでしょう。

スポンサードリンク

-長崎県

Copyright© 特産名産ものがたり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.