日本全国の特産品と名産品。その他にも郷土料理や銘菓など。 管理人がちょっとイイネって思ったものを紹介するサイトです。

特産名産ものがたり

山口県

井上商店のしそわかめ ~カロリーや賞味期限、特徴など。食べた感想も

投稿日:

海苔に漬物に梅干し。

ご飯のお供といわれるものは多くありますね。

そんな中、山口県には「萩・井上商店のしそわかめ」というソフトふりかけがあります。

今回は、萩・井上のしそわかめについてご紹介させていただきます。

 

スポンサードリンク

井上商店の「しそわかめ」とは?

萩・井上のしそわかめ

「しそわかめ」は、山口県萩市のご飯のお供にかかせない名物。

子どもから大人まで昔から長く愛されてきた、わかめのソフトふりかけです。

 

山口県萩市の日本海に面した地域は、比較的温暖な気候で住みやすい町。

昔から、日本海の恵みであるわかめを収穫後、天日干しし、わかめを細かく刻んでご飯にふりかける食文化がありました。

井上商店の「しそわかめ」は、地元の食習慣をさらに美味しく進化させた商品です。

 

スポンサードリンク

井上商店「しそわかめ」の特徴は?

井上商店の「しそわかめ」には2つの特徴があります。

 

旬のわかめを使用

井上商店では、旬のわかめでふりかけを作ります。

1年を通していつでも食べられるイメージのわかめですが、わかめにも旬があります。

わかめの旬は春

旬のわかめは、生のまま美味しく食べられるのです。

3月~5月の旬を過ぎれば、乾燥わかめや塩蔵わかめに加工されることに。

貴重な旬のわかめを、しかも手軽に食べられるのは、井上商店の「しそわかめ」ならでは!

 

更に、わかめはスーパーフード。

わかめの栄養分としてミネラル分、やビタミンヨウ素があります。

ミネラル分の1つ、カルシウムには血圧を下げる効果があり、骨粗しょう症の予防にもなります。

またヨウ素には、食物繊維の豊富さも手伝って、ダイエットの効果に期待がもてるのです。

 

素晴らしい食品である、わかめ。

井上商店では実際に海でわかめを選び抜き、自信を持って最も良いと判断したわかめだけを使用しています。

旬のわかめは、まず柔らかい。

しかし、肉厚でより味わい深いのが特徴。

井上商店では、わかめに徹底的にこだわっています。

 

しそと合わせて味の相乗効果を演出

井上商店ではふりかけに、わかめとしそと合わせています。

磯の香りが楽しめ、程よい塩気のあるわかめ。

そこへ味わい豊かなしそを合わせます。

温かなご飯にのせて食べたらたまらないでしょうね。

しその山の栄養分とわかめの海の栄養分を凝縮して、簡単に頂けるのも嬉しいポイントです。

 

スポンサードリンク

井上商店の「しそわかめ」の発祥は?

始まりは明治4年。

創業者の井上広吉氏が、広島県尾道市に雑貨店を開かれました。

そして40年後、今度は山口県萩市で雑穀海産物問屋を経営。

 

ところが第二次世界大戦中の昭和17年、戦時下の物不足で材料の調達が困難になってしまい、休業に追い込まれてしまいます。

しかし、戦後の昭和23年、政府の経済統制が解けるや否や、すぐに営業を再開。

全国を巡って活躍します。

 

その13年後の昭和36年、株式会社井上商店を設立。

翌年、冷蔵倉庫を建設したことで扱える商品の幅が広がり、冷凍の魚介類やひものの卸売りを始めます。

 

そして昭和55年。

ついに「しそわかめ」が開発されました。

「しそわかめ」は高く評価され、美味しさは評判を呼んで、山口県のお土産品にまでなったのです。

 

スポンサードリンク

値段、カロリーや賞味期限は?

萩・井上のしそわかめ

井上商店では、2種類の「しそわかめ」が販売されています。

 

しそわかめ

「しそわかめ」は昔ながらの定番商品。

90gで標準小売価格 410円(税込)です。

 

賞味期間は常温で6ヶ月

保存が長く、常温で管理できる扱いやすい商品です。

 

カロリーは100g中、223カロリー

栄養表示で特筆すべきなのは、カルシウムが540mgも含有!

頼もしい商品です。

 

しそわかめ・青ラベル

「しそわかめ・青ラベル」は「しそわかめ」の進化系で新商品。

天然調味料のかつおとこんぶの自然成分だけで味付けした、新しいシリーズです。

化学調味料を使わないことで、より素材の味を引き出しました。

 

75gで標準小売価格410円(税込)です。

 

賞味期限は同じく常温で6ヶ月

 

カロリーは100gあたり235カロリーと「しそわかめ」よりやや高め。

カルシウムは435mg、と、こちらも「しそわかめ」より少なめですが、カルシウムが多いことには違いありません。

 

スポンサードリンク

食べた感想

というわけで、山口市内のスーパーにて萩・井上のしそわかめを発見!

実際に味わってみるべく購入してみました。

 

今回購入したのは、しそわかめ・青ラベルです。

萩・井上のしそわかめ

萩・井上のしそわかめ

萩・井上のしそわかめ

萩・井上のしそわかめ

 

わかめの歯ごたえと旨味、しそのさっぱりした酸味と爽やかさが相まって、ご飯がより豊かな味に変化します。

また、しそだけでなく、ごまやかつおだしで味付けされているので、もう美味しさは太鼓判ですね。

ご飯のお供だけじゃなく、冷奴や納豆の薬味、パスタや炒め物の味付けにもイケそうですね!

化学調味料を使っていないという安心感も嬉しい、とても良い品だと思いました。

 

トクさん
冷めても美味しいから、お弁当やおにぎりに使うにもピッタリだよ!
しそわかめ以外にも「辛子明太子わかめ」や「しそひじき」、萩特産の夏みかんを使った「夏みかんわかめ」もあるよ~。夏みかんが気になるな♪
メイさん

 

しそわかめは通販で買える?

「しそわかめ」、「しそわかめ・青ラベル」共に、山口県萩市の本社売店や県内各地域のスーパーでも売られています。

また、通信販売で購入することも可能です。

在庫状況は変動しますので、下記のバナーからそれぞれの検索結果をチェックしてみてください。

「しそわかめ」楽天市場の検索結果


「しそわかめ」Yahoo!ショピングの検索結果


「しそわかめ」Amazonの検索結果

 

最後に

「しそわかめ」は、関西に住む筆者の子供の頃から食卓にありました。

ご飯にかけるのとかけないのでは、大違いでした。

山口県民でなくても、日常風景に当たり前にあった「しそわかめ」。

「しそわかめ」はふりかけだけではありません。

日本酒好きな祖父は、「しそわかめ」をちくわの穴に詰めて熱燗のあてに。

簡単な料理が好きだった祖母は、炒め物やきゅうりの酢の物に混ぜて夕飯の1品を。

両親や子供の頃の筆者は、わかめスープにしたり、うどんやそうめんの汁に混ぜたりと様々に味を楽しんでいました。

派手さはありませんが、飽きの来ない、無くてはならない存在の「しそわかめ」。

日本人が長く大切にしてきた味です。

是非一度、お試しください。

スポンサードリンク

-山口県

Copyright© 特産名産ものがたり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.