日本全国の特産品と名産品。その他にも郷土料理や銘菓など。 管理人がちょっとイイネって思ったものを紹介するサイトです。

特産名産ものがたり

インスタとツイッターもやってます!   

徳島県

フィッシュカツ ~徳島のソウルフード!歴史や食べた感想

投稿日:

フィッシュカツという食べ物をご存じですか?

魚のカツ?白身魚のフライを思い浮かべた方もいるかもしれません。

今回は、徳島県で愛されているフィッシュカツをご紹介します。

 

スポンサードリンク

徳島でカツと言ったらフィッシュカツ!

フィッシュカツ

県外の人からするとフィッシュカツ自体があまりメジャーではないものですが、徳島県で「カツ」と言えばトンカツよりもフィッシュカツを思い浮かべる人が多いくらい県民に親しまれています。

一般的な魚のフライ(白身フライやアジフライ)のように切り身や開きに衣をつけて揚げたものとは違い、魚のすり身を成形してカレー粉をまぶし衣で揚げたものが徳島県でいう「カツ」になるのです。

 

だいたいはまん丸(小判型や四角もあります)で平べったい形状をしており、おかずからおつまみ、おやつにまでなるオールマイティな食べ物です。

 

そしてこれ、スーパーでもごく普通にうられているのですが、売られてる場所が県外の人だと難しい。

カツなのだからお総菜売り場。…ではないんです。

さつま揚げやちくわなどの練り物コーナーに鎮座しています。

 

スポンサードリンク

いつ頃から食べられているの?

一番有力な起源は昭和30年頃、津久司蒲鉾が考案した説です。

小松島市は、徳島県の東、海に面したところに位置して、魚が身近であったことがうかがえます。

竹ちくわでも有名な街なので、もともと魚の加工品には親しみがあったのかもしれません。

 

太刀魚などの地元の魚をすり身にしてカレー粉や唐辛子で味を調えて小判型に成形してパン粉をつけて揚げる。

いたってシンプル。そして肉と違って親しみ深い。

夕ご飯の一品といった具合にどんどんと知名度が上がっていったことでしょう。

 

今ではいくつもの会社がフィッシュカツを製造しています。

津久司蒲鉾も現在でも製造をつづけています。

 

スポンサードリンク

お店で?家で調理?あなたはどっち?

自宅で食べる機会の多いフィッシュカツ。

でも、お店で調理して提供するところもたくさんあります。

懐石料理が出てくるような日本料理のお店で手軽なランチに。

居酒屋さんでほかの郷土料理と一緒に一気に楽しみのもまた一興です。

ハンバーガー店でフィッシュカツバーガーを味わうことだってできます。

 

スポンサードリンク

食べた感想

というわけで、徳島市の居酒屋にてフィッシュカツを発見!

実際に味わってきました。

 

フィッシュカツ

フィッシュカツ

 

おいしい!

魚のすり身の甘みと、ちょっとスパイシーなカレーの風味が感じられ、よく合います。

カリッとした食感がまた心地いいですね。

これを嫌いって人はいなさそうな、親しみやすい味でしたよ。

 

トクさん
スーパーはもちろん、徳島空港や駅の土産屋にも売ってたな!
気に入ったら、自宅で作ってみるのもいいかもね♪
メイさん

 

スポンサードリンク

通販で買える?

お土産店やスーパーで購入することはもちろん、通販でお取り寄せもできます。

気になる店舗の商品を食べ比べてみて自分の好みを見つけるのもよさそうです。

「フィッシュカツ」楽天市場の検索結果

「フィッシュカツ」Yahoo!ショピングの検索結果

「フィッシュカツ」Amazonの検索結果

 

最後に

いかかでしたか?

徳島県の県民の味、フィッシュカツをご紹介しました。

県民に尋ねても「カレー味のはずなんだけどそうじゃない、あれはフィッシュカツ味としか言えない」と言われてしまうほど独自の食べ物なんです。

気になった方はぜひご自身で確認してみてください。

 

他の徳島県の特産名産はこちら⇒徳島県の特産名産

 

スポンサードリンク

-徳島県

Copyright© 特産名産ものがたり , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.